お尻の痛みに悩む名古屋の方へ

こんにちは。アーチビレッジの亀山と申します。

 

私は柔道整復師という資格を持ち、名古屋市名東区にある痛み専門パーソナルトレーニング施設で、運動指導を行なっています。

 

今回は、名古屋市にお住まいの、お尻の痛みに悩まれている方へ向けた記事となっております。

             

【お尻や太ももが強くしびれる方へ】

   

長時間同じ姿勢をしている時、そこから動き始める時、歩いている時などに、お尻から太ももにかけてビリビリと刺さるようなしびれや痛みがある。

 

もしかしたら、病院に行っても特に異常はないし、はっきりとした診断が出なかった、なんてことはありませんか?

 

こんなお悩みがあると日常生活でも困りますし、ちょっとした運動すらもする気になれないですよね。

       

【原因】

そもそも、この原因は何なのでしょうか?

   

もちろん既往歴、姿勢、お仕事などによってひとりひとりの原因は違いますが、この症状では、腰からお尻、ももにかけての筋肉が硬くなっていることが考えられます。

 

筋肉はレントゲンで映らないので、硬くなっていてもはっきりとした診断が出ないのもうなずけます。

 

腰の多裂筋・起立筋。お尻の大殿筋・中殿筋・梨状筋。もものハムストリングス。

 

 

中でも梨状筋(りじょうきん)はお尻の奥にある筋肉で、主に股関節を外側にひねる働き(股関節外旋)をします。

 

そしてすぐ近くには坐骨神経が通っています。

   

坐骨神経は骨盤から出てお尻を通り、脚の方へと降りていきますが、その途中で梨状筋がトンネルのような通り道を作っている場所があるんです。

 

通常は何も問題がないのですが、梨状筋が硬くなるとトンネルが狭くなり、坐骨神経を圧迫してしまうことになります。

 

その状態で体を動かせば痛みが出るのも、何となくわかりますよね。

 

坐骨神経痛とか、梨状筋症候群とかいわれることもあります。

               

【セルフケア】

それでは、どのようなケアをしたらいいのかについてお話します。ボールがあれば自宅で簡単にできます!

 

①まず、硬くなってしまった梨状筋を柔らかくしましょう。

 

やり方は簡単。写真の位置に当たるように、野球ボール大の大きさのボールを入れます。

そして、体重を乗せて左右に少し動いてあげます。1分間行いましょう。

     

②次に、ストレッチをします。

片方の膝にもう片方の足を乗せて、矢印の方向に膝を倒します。

写真の赤くなっているあたりの、お尻の奥が伸びる感覚があればOKです。

 

ただストレッチをするよりも、①のようにほぐしてからストレッチをすることで効果が高くなります。30秒間伸ばしてください。

 

もちろん、膝や股関節に痛みが出る場合は無理のない範囲でおこなっていただければ構いません。

まずはこれを毎日続けてみてください!

   

原因のところでお話ししましたが、梨状筋は股関節外旋の作用があるため、縮んで固くなると、股関節は外を向いたままになってしまいます。

 

これは悪い姿勢の代表でもあるsway back(スウェイバック)という姿勢の方に多く見られます。

 

sway back姿勢についてはこちらで詳しく解説しています。

 

梨状筋だけが改善しても、姿勢が治らなければまた痛みを繰り返してしまいます。

 

そのため、根本的に痛みを改善するにはからだ全体のケアが必要です。

 

痛みやしびれがなかなか改善しなければ他の身体の問題も考えられますので、私たちにいつでもご相談ください。

 
 

長年改善しない腰の痛み、手術まで考えた股関節膝の痛み

 

痛みなく生活したい、痛みなく旅行に行きたい。

 

私たちはこのようなお悩みや願いに寄り添い、目標を達成するためのお手伝いをさせていただいております。

   

☆10月限定☆

10月限定で、初回カウンセリング無料です!

 

痛みがなくなったら何がしたいか、どんな楽しみが待っているか。

この機会にぜひ、あなたのお話を聞かせてください。

 

ARCH Village

(↑こちらからホームページをご覧いただけます)

 

名古屋市名東区宝ケ丘285 藤が丘スカイマンション1階

052-773-2990

亀山 弥子

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!

LINEでお問い合わせ